がんばれ!信州サッカー

シュートを防ぐ練習をするAC長野・立川

 サッカー明治安田J3第9節は8〜10日、各地で9試合が行われる。勝ち点15で4位のAC長野パルセイロは9日、長野Uスタジアムで10位(勝ち点10)の鹿児島と対戦し、今季初の連勝を目指す。
 これまで3度あった連勝の機会は、いずれも敵地で失敗。一方、ホーム戦に限れば4連勝中で、前節に続いてホーム戦に臨む横山監督は「今季ホームで負けていないことをポジティブに捉え、積極的に戦いたい」とする。
 G大阪U―23を1―0で下した前節は、今季初の無失点勝利。指揮官は「非常に良いゲーム。(4―1で勝った第6節の)YS横浜戦で(大量得点を期待する)ハードルが高くなったが、本来のJ3はそう甘くはない」と強調した。
 主力のセンターバック広瀬をけがで欠く中、喜岡に初先発での起用にめどがたった。全員が最後まで走りきる力を証明できたのも大きい。
 鹿児島は2連敗中で、通算3勝1分け4敗。2018年に琉球をJ3優勝に導いた金監督が率い、人数を掛けた攻撃が特長だ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外