がんばれ!信州サッカー

前節、5試合ぶりにけがから復帰した松本山雅・塚川(中央)。連敗ストップへ覚悟を持って福岡戦に臨む

 サッカー明治安田J2第12節は15、16日に各地で11試合を行う。5連敗中で19位(勝ち点9)の松本山雅は15日、松本市のサンプロアルウィンで11位(同15)の福岡と対戦する。前節から中2日の厳しい日程だが、底力を発揮してホームで連敗を止めたい。

 2~3日おきに試合が続く5連戦の3試合目。12日の千葉戦は気温30度超の蒸し暑い条件に加え、追う展開になったことで体力が削られ、動きの強度や運動量は低調だった。今節は思い切って選手を入れ替え、疲労の蓄積が少ない選手中心の起用になるとみられる。

 福岡は今季挙げた4勝全てが1―0のスコア。先制点を守りきる強さがある。一方の松本山雅は先制を許して試合運びを難しくしていることが連敗の要因。先に失点しないことが最優先になる。

 4試合続けてセットプレー(PK含む)から失点しているように、球際の攻防で相手に劣っているのは明らか。マークを外したり、不用意なプレーでピンチを招いたりしている問題は個々の選手の意識次第で改善できる点でもあり、一人一人が責任感を持ってゴールを守る必要がある。

 十分な準備期間がない中で、「耐えるところは耐え、カウンターを狙うなど割り切った戦い方も必要」と布監督。連敗を止めるため、内容やスタイルを度外視した戦いを挑む可能性もある。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外