がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2松本山雅は14日、主将のDF田中隼磨(38)が右膝を痛め、右膝外側半月板損傷と診断されたと発表した。手術か温存療法か治療方針が決まっていないため全治期間は不明としているが、長期離脱は避けられない見通し。主力にけが人が相次ぎ、現在5連敗中で19位に低迷するチームは、さらに中心選手を欠いた戦いを強いられることになる。

 田中隼は2014年にも同じ部位を負傷。同年11月に初のJ1昇格を決めた後は試合に出場せず治療に専念し、15年3月のJ1開幕戦で復帰した。クラブによると、今季は右膝に痛みを抱えながらプレーを続け、第10節(8月8日)の磐田戦で悪化。先発したが、前半終了後ベンチに退いていた。今季のJ2リーグ戦は9試合に出場し、無得点だった。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外