がんばれ!信州サッカー

 サッカーの第100回天皇杯全日本選手権県予選を兼ねた第25回県選手権(県サッカー協会主催、信濃毎日新聞社共催)は16日、松本市のサンプロアルウィンで行われ、アルティスタ浅間が松本大を1―0で下して初優勝を飾った。新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で行われ、報道関係者の入場も認めなかった。
 浅間は前半を0―0で折り返すと、後半7分に喜屋武がPKを決めた。守備陣は最後まで松本大にゴールを許さなかった。浅間はこれまで2012、17年の準優勝が最高だった。
 天皇杯全日本選手権は9月16日に開幕する。浅間は9月23日の2回戦から登場し、新潟県新発田市の五十公野公園陸上競技場で新潟県代表の新潟医療福祉大と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外