がんばれ!信州サッカー

サポーターや元選手の写真パネルを手にする根本さん(左)と佐藤さん

 サッカーJ2松本山雅FCを応援している松本、塩尻両市の飲食店など11店は19日から、新型コロナウイルスの影響で無観客で行われた山雅のホーム戦に飾られたサポーターらの写真パネルを各店に展示する。全店を巡ってパネルの写真をスマートフォンなどで撮ると、松本市中央2のラーメン店「麺州竹中」のラーメンを1杯無料で食べられる。
 パネルは山雅の運営会社が無観客でのホーム試合を盛り上げようと、希望者から写真と1枚5500円を受け取って製作、計896枚を観客席に置いた。サポーターで麺州竹中を営む根本弥(わたる)さん(46)は、役目を終えたパネルを活用できないか―と考え、サポーター仲間が経営する焼き肉店や喫茶店、書店などに声を掛けた。
 展示するパネルは、元選手の武井択也さん(34)や応援組織「ウルトラスマツモト」のメンバーなどのものを選んだ。各店で応募用紙に氏名などを記入した人は、食事券などが当たる抽選にも参加できる。11月1日まで。
 参加する松本市深志3のコーヒー豆店の経営者、佐藤等さん(43)は「店主たちの熱い思いを感じ取ってもらい、みんなでチームも街も盛り上げていきたい」としている。問い合わせは麺州竹中(電話0263・88・8756)へ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外