がんばれ!信州サッカー

松本山雅―長崎 後半33分、鈴木のクロスを頭で合わせて同点ゴールを決める松本山雅・阪野(手前左から2人目)

 明治安田J2第20節第1日は19日、松本市のサンプロアルウィンなどで9試合を行い、松本山雅は長崎と2―2で引き分けた。2点差を追いつく粘りを見せ、3試合連続となる引き分けで勝ち点19。18位から19位に後退し、20日に行われる試合の結果次第で順位をさらに下げる可能性もある。
 2〜3日おきに試合が続く5連戦の初戦。松本山雅は13日の前節から先発3人を入れ替え、米原が3試合ぶりに先発して藤田とボランチを組み、久保田と高木利がともに2試合ぶりに先発復帰した。長崎は前節から先発2人を変更した。
 前半4分に先制を許した松本山雅は、後半19分に追加点を奪われて2点を追う形になった。それでも、同31分に途中出場の阪野が決めて1点差に迫ると、同33分には鈴木の右クロスを再び阪野が頭で決めて同点。その後の決定機は生かせず、逆転勝ちはならなかった。
 北九州は山形を下して3連勝で首位をキープ。新潟に勝った徳島が長崎と入れ替わって2位に浮上した。同節残り2試合は20日に行う。
 前半戦最終となる第21節は23日で、松本山雅はホームで琉球と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外