がんばれ!信州サッカー

今季最後のホーム戦後、引退のあいさつをする塩沢さん
引退記念のサイン入りTシャツを着て応援するサポーター(手前右)

 プロサッカー選手の塩沢勝吾さん(38)=上田市=が、所属する北信越リーグ1部アルティスタ浅間の今季最後のホーム試合後、引退のあいさつをした。会場の佐久総合運動公園陸上競技場(佐久市)のスタンドには、これまでに所属した松本山雅FC、AC長野パルセイロ時代のユニホームや応援幕も掲げられ、サポーターらがねぎらった。
 富山新庄クラブを迎えた第13節、3―0とリードを広げた終盤に塩沢さんが出場すると、スタンドからひときわ大きな拍手が送られた。
 試合後、塩沢さんは2006年のJ2水戸入団で始まったプロ生活を振り返り、感謝を述べた。また、アルティスタ浅間での3季を「地元の子どもたちの熱い声援を受け、友達、昔からお世話になっている人たちの前でプレーできた」と語った。
 松本山雅時代から応援する自営業の元木淳さん(56)=上田市=は、塩沢さんの背番号が入った松本山雅各シーズンのユニホームを掲げて見守った。「苦しいこともあったサッカー人生を糧に、次の人生を歩んでほしい」とエールを送った。
 アルティスタ浅間は福井県で行われる今季最終戦の福井ユナイテッドFC戦を27日に控える。塩沢さんの引退記念グッズとしてTシャツ、タオルマフラー、缶バッジをオンラインで販売。10月4日まで注文を受け付ける。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外