がんばれ!信州サッカー

催し・イベントに関する最近の記事

 サッカーJ2松本山雅FCの運営会社が経営する松本市の喫茶山雅は20日、選手2人のトークライブを、写真や動画を投稿できるアプリ「インスタグラム」で生配信した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月下旬からJリーグの公式戦は中断されており、サポーターとの交流を深めようと企画。最大400人余が視聴した …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅は19日、練習拠点の松本市かりがねサッカー場の天然芝グラウンドで恒例の安全祈願を行った。シーズンを通し、けがなく練習できるように選手やスタッフらが祈った=写真。  天然芝で練習を始めるのに合わせた。深志神社の遠藤久芳宮司が祝詞を上げ、布啓一郎監督や運営会社の神田文之社長らが玉 …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCは9日、シーズン入りを前にした「キックオフイベント」を松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)で開いた。今季から指揮する布啓一郎監督(59)と選手32人全員が、サポーター約600人を前に「全力で走り抜く」「J1に復帰する」と誓った。  選手らは大きな拍手を受けて一人一人 …

全文を読む

 サッカーJ3にトップチーム、なでしこリーグ2部にレディースチームが今季参戦するAC長野パルセイロは19日、新体制発表会を長野市内のホテルで開いた。2年目の横山監督が率いるトップチームは27選手、佐野監督が今季から指揮を執るレディースチームは大会で不在の2人を除く22選手が出席。それぞれ「大きな目標 …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅は13日、新体制発表会を松本市のまつもと市民芸術館で開き、今季のスローガン「One Soul 捲土雷鳥」を発表した。9人の新戦力を含む29選手や布監督ら指導陣が一人ずつ「サポーターの皆さんとともに、J1昇格の目標を達成したい」などと決意を述べ、1年でのJ1復帰をサポーターに誓っ …

全文を読む

 アルピコ交通(松本市)は12日、サッカーJ2松本山雅FCのチームカラーの緑色を基調にした「松本山雅だるま」を松本市のアルピコプラザで販売した。クラブを後押ししようと続けて7年目。山雅のJ1復帰を願い、多くのサポーターらが買い求めた。  だるまは高さ30センチ(税込み3800円)と9センチ(同8 …

全文を読む

 塩尻市立図書館が26日まで、サッカーJ1に再挑戦した松本山雅FCの2019年シーズンを振り返る写真展を開いている。プレーを収めた写真31点や公式球など計約50点を展示。8年間チームを率い、J2降格の責任を取って辞任した前監督、反町康治さん(55)にメッセージを書くコーナーもある。  写真はいずれも …

全文を読む

 サッカー松本山雅FCの今季の戦いを振り返る写真展「山雅ミュージアム2019」が21日、東筑摩郡山形村のアイシティ21で始まった。この日は今季限りでチームを去るDF飯田真輝選手(34)のトークショーや来季ユニホームのお披露目もあった。  飯田選手は10年近い山雅での選手生活を振り返り、「長かった …

全文を読む

 今季限りでの辞任を表明したサッカー松本山雅FCの反町康治監督(55)のトークショー(信越放送主催、信濃毎日新聞社共催)が27日、松本市のまつもと市民芸術館で開かれる。大勢の人に感謝を伝えようと、今年は午後2〜4時と、同6時半〜8時半の2回行う。  2012年の就任以降、シーズン終了後に毎年開いて8 …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅FCが松本市のサンプロアルウィンで湘南ベルマーレと1―1で引き分け、順位を最下位から17位に上げた7日の今季最終節。来季はJ2での戦いになるが、試合後、サポーターらは温かな拍手と山雅コールでチームをたたえた。  後半40分に先制されたが、サポーターは途切れることなくチャント(応 …

全文を読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
« 練習・運営 | メインページ | その他のチーム »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外