がんばれ!信州サッカー

催し・イベントに関する最近の記事

 サッカーJ1松本山雅FCは17日、23日の今季開幕戦を前にした「キックオフイベント」を山形村の商業施設アイシティ21で開いた。反町康治監督と選手32人が決意表明。山雅グッズを身に着けたサポーター約1200人を前に「チームに貢献したい」「皆さんの力が必要」と語った。  大きな拍手に迎えられた選手たち …

全文を読む

 22日に開幕するサッカーJリーグの開幕前イベントが14日、東京都内のホテルで開かれ、4シーズンぶりにJ1に参戦する松本山雅FCから反町康治監督と前田大然選手が参加した。J1の全18クラブの代表選手がステージ上に勢ぞろいし、前田選手は「(開幕戦で)必ずゴールを取って勝ちたい」と意気込みを語った。   …

全文を読む

 4年ぶりにサッカーJ1に今季参戦する松本山雅FCを応援するキックオフイベントが2日、安曇野市であった。山雅後援会安曇野支部が初めて企画。市内外のサポーターが穂高神社で必勝祈願をした後、山雅を活用したホームタウン活性化について意見交換し、開幕に向け機運を高めた。【12面参照】  必勝祈願には約50人 …

全文を読む

 サッカーのトップチームがJ3、レディースチームがなでしこリーグ1部のAC長野パルセイロは20日、長野市芸術館で新体制発表会を開き、約1200人のサポーターを前に今季のスローガン「一体感forDream!」を発表した。  クラブの堀江三定社長は昨季の成績に触れ、「今までで一番大変な状況かもしれない。 …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅FCを支える山雅後援会安曇野支部は2月2日、開幕前のキックオフイベントを安曇野市内で開く。会員以外の一般参加も広く募り、J1に再挑戦するチームを地域を挙げて盛り上げる。  午後1時半から同市穂高の穂高神社で周辺のごみ拾いと必勝祈願をする。参加者には市内の旅館で使える日帰り温泉入 …

全文を読む

 サッカーJ2で初優勝し、今季はJ1に参戦する松本山雅FCの優勝を記念したトロフィーやシャーレ(優勝皿)の展示が15日、池田町役場庁舎1階で始まった。約2カ月間でホームタウンを巡回する企画。クラブ運営会社は「地域の人に魅力を感じてもらいたい」と呼び掛けている。  15日は松本山雅のマスコットキャラク …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅は14日、松本市のキッセイ文化ホールで新体制発表会を行った。今季のスローガンを「OneSoul境界突破」と発表。J1に初参戦した2015年シーズンは果たせなかったJ1残留を目標に掲げた。  運営会社の神田社長は「J1に生き残ることが最大のミッション」と強調。新たなスローガンには …

全文を読む

 サッカー松本山雅FCのサポーター約50人が1日、ホームスタジアムのサンプロアルウィン(松本市)で初日の出を拝み、再昇格して臨むJ1でのチームの活躍を願った。  サポーターたちは薄暗い午前6時半ごろから集まり始めた。7時半ごろに山の尾根から太陽が昇り、空がオレンジ色に染まると、歓声を上げて手を合わ …

全文を読む

 サッカーJ2で初優勝し、J1に再昇格する松本山雅FCを応援する山雅後援会南信州支部は来年1月13日、祝賀会を箕輪町の伊那プリンスホテルで開く。松本山雅運営会社の神田文之社長や、元選手でアンバサダーの鉄戸裕史さんらチーム関係者も出席。同支部は、上伊那地方の自治体がホームタウンになる機運を高めたいとし …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCを応援する茅野市民らでつくる諏訪広域松本山雅プロジェクト実行委員会はこのほど、山雅のJ2初優勝と、J1再昇格の祝賀会を同市のJR茅野駅前ビル・ベルビアで開いた。約40人が出席してチームをねぎらい、J1の舞台に臨む来シーズンの活躍に期待した。  実行委は2015年からベルビア …

全文を読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
« 練習・運営 | メインページ | その他のチーム »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外