がんばれ!信州サッカー

選手に関する最近の記事

AC長野

AC長野の宇野沢 右眼窩内側壁骨折

2019年3月28日掲載

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは27日、23日のC大阪U―23戦で相手選手と接触したFW宇野沢祐次(35)が「右眼窩(がんか)内側壁骨折」と診断されたと発表した。クラブによると、まだ腫れが引いていない状態で、現状では視力に異常はない。全治2週間以上を要する見込み。

 サッカー女子なでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースは23日、U―19(19歳以下)日本女子代表候補合宿(福島県・25〜28日)に選出されていたFW中村恵実(18)=長野市出身=が右足のけがで合宿に参加しないと発表した。

 日本サッカー協会はU―19(19歳以下)日本女子代表候補合宿(25〜28日、福島県)に参加する25選手を19日までに発表し、AC長野パルセイロ・レディースからMF滝沢千聖(18)=岡谷市出身、FW中村恵実(18)=長野市出身、DF原海七(18)が選ばれた。3人ともAC長野に今季加入した選手。 …

全文を読む

山雅

山雅の前田 U―22日本代表に

2019年3月15日掲載

 日本サッカー協会は14日、U―23(23歳以下)アジア選手権予選(22〜26日・ミャンマー)に出場するU―22日本代表23人を発表し、J1松本山雅のFW前田大然(21)が選出された。2020年東京五輪世代で臨む日本代表には今回、17歳の久保建英(FC東京)が"飛び級"で選ばれた。  前田は、U―2 …

全文を読む

AC長野

AC長野、堂安ら4選手が負傷

2019年3月14日掲載

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは13日、MF堂安憂(23)ら4選手が負傷し、診断結果を発表した。堂安は右膝の靱帯(じんたい)損傷で全治約2カ月半の見込み。ともに左太もも裏損傷のFW津田知宏(32)は全治約2カ月、DF入間川景太(19)は全治約1カ月半。いずれも2月のキャンプで負傷した。開幕直前に …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅は5日、20歳のGK高東民(ゴ・ドンミン)がU―20(20歳以下)韓国代表のスペイン遠征メンバーに選出されたと発表した。11〜16日に韓国内で合宿し、スペインで22日にウクライナ、25日にフランスのU―20代表との国際親善試合に臨む。

 2月20日の明学大との練習試合で、初めてAC長野のゴールを守った。味方が3得点してから終盤に失点し、「失点する前までは落ち着いてプレーできた。(失点後は)入りから慌ててしまった」と反省した。  インドネシア国籍で、上田市で生まれ育った。これまで目立った実績はなく、上田千曲高3年の全国高校選手権県大 …

全文を読む

 東洋大卒業後もサッカーを続けたい一心で、2月のAC長野の2次キャンプに参加した。練習試合にも出場し、持ち味のフィジカルの強さなどで懸命にアピール。オファーを受け、「本当にうれしかった。ここからはい上がっていきたい」と強い覚悟で合流した。  よく口にする言葉は「雑草魂」だ。大宮のジュニアユースで周り …

全文を読む

 昨季は大宮から盛岡に育成型期限付き移籍。AC長野との最終節で途中出場し、「試合も強く、スタジアムの雰囲気にものみ込まれた。環境がいいと思う」。大宮の下部組織で指導経験がある横山監督の存在にも縁を感じ、今季はAC長野でプレーすることを選んだ。  大宮の下部組織から2017年にトップへと昇格した。「 …

全文を読む

 「自分でも覚悟を持ってきている。J3優勝に貢献できるように、練習から熱い気持ちを持ってやっていきたい」。高い身体能力と両足で蹴ることができる持ち味を生かし、守備ラインから攻撃の組み立てを担う。  甲府U―18在籍中に年代別の日本代表に選ばれ、2017年にはトップチームへ2種登録。同年5月のルヴァ …

全文を読む

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
« 試合 | メインページ | 練習・運営 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外