がんばれ!信州サッカー

選手に関する最近の記事

 昨年夏にAC長野の練習に参加。大体大ではGKコーチが不在で選手が練習メニューを考えていただけに、水谷GKコーチの練習が印象に残った。「大学では追い込みきれなかった。水谷さんの練習がフィットした」とAC長野入りを決めた。  小学1年で入ったチームの監督がGKコーチも兼任しており、「とりあえずGKをや …

全文を読む

AC長野

AC長野に東洋大DF浦上が加入

2019年3月 2日掲載

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは1日、東洋大のDF浦上仁騎(22)の今季加入を発表した。茨城県出身。177センチ、76キロ。背番号は30。  大宮の下部組織を経て、東洋大では主にセンターバックでプレー。AC長野が2月に行ったキャンプにも参加しており、横山監督は「大学でも1年からレギュラーで活躍し …

全文を読む

 同大4年の昨夏、練習で右膝の半月板を痛めて9月に手術を受けた。AC長野に合流してから別メニューの練習が続くが、「しっかりと体力を戻し、第4、5節あたりには試合には復帰したい」と焦りはない。  G大阪ユース時代は、MF妹尾と同期だった。最も印象に残っているのは、2014年のJユースカップ決勝。PK戦 …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅FCの運営会社は28日、田中隼磨選手(36)がサンプロアルウィン(松本市)に子どもを無料招待する「HAYUMAシート」を設けると発表した。リーグ戦とYBCルヴァン・カップ1次リーグのホーム戦計20試合で設ける。初回となる6日の清水戦(ルヴァン杯)と、9日の浦和戦(リーグ戦)の申 …

全文を読む

 サッカー女子なでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースに今季加入した長野市出身のフォワード、中村恵実選手(18)=宮城・常盤木学園高3年=の後援会発足式が27日夜、同市内であった。中村選手が生まれ育った同市篠ノ井塩崎の住民らが音頭を取って結成。地元出身選手の活躍を後押しする。  後援会は自 …

全文を読む

 左足の精度の高いキックを武器に、キャンプでは中盤の左で存在感を示した。「前線に上がるタイミングや攻撃参加を見てほしい」と強調する。  神戸の下部組織で力を付け、U―17から19まで世代別の日本代表にも選ばれた。しかし、2015年にトップに昇格してから苦しんだ。1年目はキャンプで左太もも裏を肉離れし …

全文を読む

 2017年に長崎でJ1昇格を経験。しかし、夏場に右膝を痛め、昇格争いが過熱していた中で自身はピッチに立つことができなかった。「最後に出られない悔しさがあって、素直には喜べなかった」。今度はJ2昇格の瞬間に、試合に出ていることが目標となる。  柏の下部組織から昇格し、13年にJ1の舞台でプレーした。 …

全文を読む

 昨季はG大阪U―23でAC長野と対戦して得点も挙げた。「守備が堅いイメージで、やりづらかった」。今季はそのAC長野でプレーする。昨年12月の合同トライアウトを経て、東海林強化本部長から熱意ある勧誘を受けて加入を決断した。  小学1年からサッカーを始め、G大阪ユースからトップへ昇格。J3のU―23で …

全文を読む

 フィールドプレーヤーの中ではクラブで2番目に背の高い184センチと、ひときわ目立つ。キャンプの練習試合では、主に3バックの左に入ってセットプレーでも存在感を示し、「ヘディングと左足は武器にしていきたい」と力を込める。  2015年から当時J2のC大阪に所属。しかし、脚の付け根の痛みに苦しめられ、1 …

全文を読む

 サッカー女子なでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースに今季加入する山岸夢歩(ゆめほ)選手(18)の激励会が24日夜、出身地の須坂市で開かれた。小学生時代に所属した地元のJFC須坂のチームメートら約120人が駆け付け、声援を送った。  山岸さんは中学進学に合わせて親元を離れ、茨城県の育成組 …

全文を読む

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
« 試合 | メインページ | 練習・運営 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外