がんばれ!信州サッカー

選手に関する最近の記事

 昨季はG大阪U―23でAC長野と対戦して得点も挙げた。「守備が堅いイメージで、やりづらかった」。今季はそのAC長野でプレーする。昨年12月の合同トライアウトを経て、東海林強化本部長から熱意ある勧誘を受けて加入を決断した。  小学1年からサッカーを始め、G大阪ユースからトップへ昇格。J3のU―23で …

全文を読む

 フィールドプレーヤーの中ではクラブで2番目に背の高い184センチと、ひときわ目立つ。キャンプの練習試合では、主に3バックの左に入ってセットプレーでも存在感を示し、「ヘディングと左足は武器にしていきたい」と力を込める。  2015年から当時J2のC大阪に所属。しかし、脚の付け根の痛みに苦しめられ、1 …

全文を読む

 サッカー女子なでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースに今季加入する山岸夢歩(ゆめほ)選手(18)の激励会が24日夜、出身地の須坂市で開かれた。小学生時代に所属した地元のJFC須坂のチームメートら約120人が駆け付け、声援を送った。  山岸さんは中学進学に合わせて親元を離れ、茨城県の育成組 …

全文を読む

AC長野

AC長野、今季の主将にDF大島

2019年2月15日掲載

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは14日、今季の主将が最古参となる11年目のDF大島嵩弘に決まったと発表した。初の主将を務める大島は「悲願であるJ2昇格を果たせるように、キャプテンという責務を背負って精いっぱい戦います」とコメント。副主将はGK阿部伸行とMF有永一生に決まった。

 年代別日本代表として多くの国際舞台を踏んだ岐阜・帝京大可児高からJ1鹿島に加入。J2徳島への2年間の期限付き移籍を経て、今季は鹿島に戻る選択肢もあったという。しかし、出場機会を求めて松本山雅への完全移籍を決断。「厳しい監督の下で、いい意味で変われたら」と殻を破る決意を固める。  162センチ、62 …

全文を読む

 契約満了で一度は脱いだ松本山雅のユニホームに再び袖を通す。「戻ってきたというより新加入の気持ち。(前回在籍した2017年までの3年間より)レベルアップした姿を見せなければいけない」と決意を新たにする。  左サイドのスペシャリスト。惜しみない運動量に加え、左足からのキックは力がある。松本山雅での3年 …

全文を読む

AC長野

AC長野L退団の内田 つくばに移籍

2019年1月31日掲載

 サッカー女子なでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースは30日、昨季まで所属したMF内田好美(23)が、チャレンジリーグ(3部相当)のつくばFCレディースに移籍することが決まったと発表した。

 前橋育英高2年の全国高校総体で5ゴールを挙げて得点王に輝くと、冬の全国高校選手権では決勝でゴールを決めてチームを優勝に導いた。鳴り物入りでプロの世界に飛び込む18歳は「いつかは日本を背負えるような選手になりたい」と大きな夢を描く。  186センチ、73キロの体格を生かしたヘディングの強さやボールを …

全文を読む

AC長野

AC長野Lに千葉のMF大久保が加入

2019年1月30日掲載

 サッカー女子なでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースは29日、同1部の千葉からMF大久保舞(22)が完全移籍で加入することが決まったと発表した。大久保は山梨県出身で160センチ、53キロ。昨季は公式戦の出場機会がなかった。

 日本サッカー協会はU―19(19歳以下)日本女子代表候補合宿(2月5〜8日、静岡県)に参加する25選手を29日までに発表し、AC長野パルセイロ・レディースからMF滝沢千聖(17)=岡谷市出身、FW中村恵実(18)=長野市出身=が選ばれた。2人ともAC長野に今季加入した選手。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
« 試合 | メインページ | 練習・運営 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外